<< 確かに希望が描かれているはずなのに清々しい気持ちになれないのは、構造的な貧困の連鎖と失われていくものの大きさが、重く深くのしかかってくるからだろうか? | main | ヤングポールの「究極の映画愛」は、映画を「終わらせること」に執着した屈折した愛ではあるけれども、無視できない純粋さと情熱を保っている。 >>
2019.12.09 Monday

森達也監督が問う「望月さんが目立っていることや、この映画をわざわざ撮ること自体が問題だ」というまっとうな感覚は、既にわれわれが狂った事態に麻痺していることを気づかせる

『i —新聞記者ドキュメントー』

監督:森達也 

出演:望月衣塑子 企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

制作・配給:スターサンズ 2019年 113分 

 

 午後くらいから観ようと思うと、イオンシネマ板橋がちょうど都合が良く、休日の「青森フェア」で賑わう店内を通って5階につくと『アナと雪の女王2』のためか、とても混雑していて、それでも、シアター1はまるでポレポレ東中野のような客層で少し安心したような、相変わらずドキュメンタリーには若者が皆無であることにがっかりしたような、複雑な気分だった。それでも、ようやく観ることができてよかった。

 望月衣塑子記者のことは、報道されていることやFBや「週刊金曜日」などである程度は知っていたし、映画『新聞記者』も観ていたので、とても興味深かった。2017年には東京新聞の「税を追う」が平和・協同ジャーナリスト基金賞の奨励賞だったので、もしかすると会場でお会いできるかもしれないと思っていたが、それどころではなかっただろうことはこの映画を観ても解る。

 正直に言えば、映画としては雑な仕上がりだと思う。それは映画の中でもしばしば現れる森達也さんのカメラは、撮影していないように撮影している箇所や、突発的な動きや事態に対応していたり、撮影のための道具というよりは、むしろそこに共にあった記録装置のようで、画面としては動きが激しく荒い。それでもその映像が意味を持っているのは「現認」としての映像だし、編集された映像はできるだけ早く公開されることが目論まれたためだと思う。数年に渡る記録では手遅れになる可能性もある。日刊紙の新聞記者が、日々の取材を重ねて情報を更新していく一人のジャーナリストだとすれば、この映画はそれを一定期間でまとめた月刊誌のようなものだと思った。この月刊誌もまた、一定の期間で更新される必要がありそうだ。

 菅官房長官と望月記者とのやり取りは、既に何度か映像で観ていたし、何を質問されても「法的に適切に対応している」と繰り返す答弁や、質問妨害のあまりの酷さには憤っていた。それでも淡々と、同じような食いつき方を繰り返す望月記者の姿は、答えはわかりきっているけれども、この醜い対応の仕方を公表する必要があり、その対応の裏にある何かを嗅ぎ取ろうとする態度なのだと思った。強くアクティヴに映る彼女の姿は、「その他」の記者やメディアを照射しているように見えてしまう。実際に森監督自身が、「彼女が特別なことをしているわけではない」ことは十分承知で、それが格別の何かのように目立ち、あるいはそれ故に排除やバッシングの対象になり、官邸からもネトウヨからもマークされ、一方でメディアにも取り上げられ、講演などにもでかけていく、その現象に、ただならぬ事態とその急激な進行を嗅ぎ取っているのかもしれない。

 映画の内容には直接関係はないのだが、官邸の記者会見の様子は、すべての記者が一様に同じようにキーボードを叩く、その音の響きの空疎さでも伝わってこないか?誰も話をしている菅官房長官を見ていない。上意下達の儀式であるように映るのはそのためだと思う。この定例会見の主体は、主催者は誰なのか?という問もあった。だからこそ思う、何処を向いてメディアは仕事をしているのかと? 

 そう言えば望月記者が、大量の書類と一緒に書きなぐったような取材ノートをいつも持参していて、素早くメモをとる姿がどこか昭和の新聞記者像のようでもあった。長年積み上げた習慣なんだろうなと思う。

 日本国にもこの国のメディアも、一体何処に向かっていくのか? こんな当たり前の問いが、望月衣塑子記者の行動から浮かび上がる。

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM