<< 聞こえてこない声の中に真実がある | main | 「馬フンをさわれ」という豊かな体験 >>
2015.03.19 Thursday

リトル・ウォウターは本当にこんな残念な死に方をしたんだろうか?

『キャデラック・レコード Cadillac Records

監督:ダーネル・マーティン 2008年 アメリカ 108


 公開された時に気になっていたけど見逃した映画だった。DVDが格安になっていたのでつい、購入してしまった。因みに1089円。これは面白かった。ミュージシャンの生涯を描いたいわば実録物は、その音楽や曲が生まれ出てくる背景が見えてきて面白い。レコードやCDを聞きながら想像していたような世界が再現される。すぐに思い出されるのはオリヴァー・ストーンの『Doors』だったり、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』だったり、『アクロス・ザ・ユニバース』だったりするが、1960年代から70年代は伝説の宝庫だったから、ロックミュージシャンの足跡は劇的なんだと思う。ロックと映画という関係で言えば、元々はライブのドキュメントがあった。『ラストワルツ』や『ウッドストック』のように、記念碑的なライブイベントのドキュメントから、現在のライブDVDに繋がる。数奇な運命や生涯を描いたものでは、最近公開されたものでも『シュガー・マン 奇跡に愛された男』(2013)や『アンヴィル!〜夢を諦めない男たち〜』(2010)のような、「奇跡」とか「夢」を音楽が代弁するようなドキュメンタリーがある。またロックムービーといえばビートルズの主演映画やザ・フーの『Kids are Alright』のような、プロモーション色のある半ドキュメントのようなものや、日本でもGSのバンドが主演する同様の映画はたくさん作られた。ロックの背景となる時代そのものをピックアップして、曲やミュージシャンを配置した劇映画もある。

 

 この『Cadillac Records』は1947年レナード・チェスがレコーディング・スタジオを設立する頃から始まる。チェス・レーベルのスタートは1950年となっている。レナードは自分が経営するナイトクラブが火事にあい、その保険金をチェス・レコードの設立資金にあてた。同じ頃にマディー・ウォータズがミシシッピーの農場で民俗学的資料として「フォーク」のブルースを録音するエピソードが面白かった。その後シカゴに出てきていたマディー・ウォータズをレナードが見出し、そのマディーは路上でハープを演奏していたリトル・ウォルターを見かけ、自分のバンドに誘う。脚色もあるのだろうが、なるほど、同時代のこういう偶然がチェス・レーベルを押し上げたんだと納得する。若くて無謀で銃を持ち歩くリトル・ウォルターの振る舞いや、猛烈に人相が悪く凶暴そうなハウリング・ウルフ、女好きのお調子者として描かれるチャック・ベリーも楽しい。ビヨンセ・ノウルズが演じるエタ・ジョーンズも何しろ歌がうまくて素敵だ。楽曲を提供していたウィリー・ディクソンと、他のミュージシャンとの微妙な関係も面白い。印税をめぐるトラブルもあったことだろう。観ながら期待していたのだが、ボ・ディドリーはこの映画には出てこない。

 リトル・ウォルターは本当にこういう死に方をしたんだろうか?とも思うのだが、成功と同時に手に入れる金や名声は、すぐ後に現れてくるロックンロールや白人R&Bへの脅威として、相当なストレスでもあったのだろう。レナードがチェス・レコードを売却する頃(1969年)には、ビートルズや初期ローリング・ストーンズの全盛期だった。

 

 カラフルなキャデラックが当時の成功の象徴として描かれ、ヒット曲がでるなど成功の後は新しいキャデラックが登場し、チェス・レコードの前の路上は新車のキャデラックが増えていく。ハウリング・ウルフが初めて登場するときにボロボロのピックアップトラックに乗っていたのとは対照的だ。また、リトル・ウォルターが酒とドラッグで常軌を逸して振る舞う頃には、ドアを全部外したキャデラック乗っていたり、チャック・ベリーが車中で女遊びをするのも、ラストでレナードが死ぬのもキャデラックの車上として描かれる。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM