<< パンクな奴がやるからパンクなんだ、と素直に思った。 | main | 地味すぎる日常が、人々とつながっていく面白さ >>
2015.03.01 Sunday

我々はいったいどのくらい「電気代ではない電気代」を払っていたのだろうか?

 

『原発利権を追う 電力をめぐるカネと権力の構造』

朝日新聞特別報道部 朝日新聞出版 2014930日発行

 

 『原発利権を追う 電力をめぐるカネと権力の構造』(朝日新聞特別報道部 2014930日刊)は、今の日本に本格的に絶望したい人におすすめの本です。原発にかかわる幾つもの「なぜ?」は、単純にひとつの理由によるものです。本書の冒頭からそれは解き明かされます。「なぜ、再稼働は九電からなのか?」。この章で説明されている、政治家と官僚と九電(と地元の経済界)との強固な関係が原発をめぐる構造の基本です。麻生太郎と九電との関係に始まり、県知事、市長、町長への九電による選挙応援、原発建設をめぐる大手ゼネコン、準大手ゼネコン、下請けの地元建設会社から孫受けまでの序列は、「そういうことなら、公共事業にはつきものだ」と思うことでしょう。しかし、本書で明らかになったのは、福島原発事故後に元電力会社の重役や建設会社の社長、地元の同意を得るために動いた汚れ仕事をしてきた人たちの証言です。金権政治は日本のお家芸のように思っていましたが、ここまでひどいことが起こっていたのかと、本格的に絶望しました。

最終章の「関電の裏面史」では、関西電力元副社長・内藤千百里(ちもり)の証言があります。1962年から25年間政治家担当として、政・官・電の強固なスクラムを築き支え続けた裏の実力者だったと書かれています。内藤氏は、1967年に美浜原発1号機が完成した後から、歴代の総理大臣には、盆・暮れに1000万円ずつの現金を持参し、見返りを求めない寄付として渡していたそうです。年間20億円ほどのこうした寄付金をランク付けした議員たちに渡し、議員や首長たちの様々な要求にも対応していたといいます。もちろん、全部電気代として集めた金です。

こういう構造は関電に限ったことではなく、中部電力でも、もちろん東京電力でもしっかりと組織に組み込まれているそうです。もともと関電が中央の政治家たちに献金や寄付を活発化させたのは、東電と政府、経済界との近い関係を妬み、関西にも目を向けてもらえるように関西の財界と一丸となって取り組んだ成果なのだそうです。膨大な資金源になっているのは、ひとつは1千億円規模の建設を受注したいゼネコンや、準大手、地元の建設会社から「ご自由にお使い下さい」と電力会社幹部に手渡されるカネ。政治家への献金はこうした建設会社に用意させたり、電力会社には「電気代」という無限に徴収できる「あぶく銭」があるため、いくらでも用意出来たのだそうです。日比谷にある東電本社には、政治家からのパーティー券購入の依頼を受ける専門の窓口もあり、政治資金規正法の範囲内で20万円以内の振り分けて、関連会社に購入させるといういう構造があるのだそうです。そしてその金額は、経済産業大臣などの電力事業関連省庁の大臣が最も値段が高く、以下の序列は影響力によって決められているそうです。60万円とかもらっている大臣は、ほぼ相手にされていないような人たちだから、情報がリークするんでしょうね。膨大な金をもらっている人たちの情報ほど、出てこない。それは電力会社の存亡に関わるからです。

福島第一原発の関連では、原発の増設の見返りとして、地元にサッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」の建設と合わせて、エルミタージュ美術館の別館を建設する計画もあったといいます。これは驚きました。ロシア側に別館建設の保証金としてゼネコンに準備させた5億円を渡し、その後この計画は頓挫したため、5億円はタダのロシアへの寄付になったそうです。

政治家への献金もゼネコンが準備したカネも、地元にばら撒いた寄付金も、結局は原発建設にかかる費用ですから、「電気代」として徴収した金です。我々はいったいどれだけの「電気代ではない電気代」を支払ってきたんでしょうか?

201531日の今、国会では安倍政権の閣僚が政治家への献金をめぐる問題で追求され続けています。重要な審議事項がたくさんあるのに、毎日のように「政治とカネ」の問題で、少しも前に進みませんね。政治とカネの問題はきちんと追求するべき問題です。昨日、民主党の議員が「安倍政権の構造的な問題ではないか?」と詰問し、安部総理は「そういう決めつけが失礼だ」と顔を歪めて反論していました。こういう問題は安倍政権にかぎらず、明らかに「構造的な問題」です。そのことが本書ではよく分かります。また、昨夜は「朝まで生テレビ」の討論で「原発の再稼働」がテーマでした。多くの人が反対しているのに、なぜそんなに再稼働したがるのか? コレもこの本でよく分かります。つまり、膨大な利権(カネ)によって動いているだけなのですね。

 

【目次】

1章 九電王国・支配の構造

なぜ、再稼動は「九電」からなのか?

県知事と近い"九電

徹底的な「地元支配」の仕組み

原発城下町、川内

 

2章 立地のまちへ

むつ市を中間貯蔵施設

3.11後、語りだした影たち

証言を求め、再取材

明らかになったむつ市長の秘密

 

3章 東電OBの告白

「もう、ウソをつきたくない」

「土砂処理事業」の不透明なカネ

東電退職後、白川氏のもとへ

 

4章 ゼネコンの内幕

幻の福島のエルミタージュ美術館

佐藤知事と東電の仲をとりもつ

クレーム処置もゼネコンが肩代わり

 

5章 東電総務部の実態

東電本店3階の政界窓口

●“総務部天下"の東電史

政官電の三角関係

 

6章 中部電の裏金システム

引き継がれてきた裏金の伝統

工面したカネの使い道

やがて、最深部"の中央政界へ

 

7章 「関電の裏面史」

戦後電力史の裏側

長い、長い告白

芦原会長との二人三脚の日々

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015.03.01 Sunday 14:32
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015.03.01 Sunday 14:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM