<< 日本語ロックを歌う男の、蠢くような日々を観たような気がする | main | 日本人の土着の精神性に、つい嬉しくなる『葬式』 >>
2013.09.12 Thursday

SVP2「3.11映像作品集」が「福島映像祭」サブ会場でご覧いただけます。

2011年にマレーシアのKLEX(クアラルンプール実験映像祭)に向けて制作した作品集が今週末から開催される「ふくしまのこえ 福島映像祭」のサブ会場で上映されます。 「福島映像祭」は基本的にドキュメンタリー映画、TV番組を集めたプログラムですが、我々の「3.11」はビデオ作家の表現として、ある意味では一石を投じるのかもしれません。
http://fukushimavoice.net/fes

今回の上映では、オリジナルの18作品から、河合政之さんの作品を除いた17作品です。
河合さんは、今、同時期に個展を開催されているので、混乱を避けるために今回は上映を辞退されました。
サブ会場はポレポレ坐1Fのカフェです。そこで公募された映像が毎日プログラム上映されます。

また、河合さんの個展は下記で開催中です。合わせてよろしくお願い致します。
9月7日より29日(日)まで末広町、アーツ千代田3331内のモリユウギャラリー東京
河合政之ヴィデオアート個展「Feedback: Reflexion」
(個展詳細は下をご覧下さい)
http://www.moriyu-gallery.com/exhibition/

よろしくお願いします。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM