<< 国境とは政治的な境界であること。それが人々を引き裂いてきたこと、をあらためて思う。 | main | マレーシアの短編映像は刺激的だった。 >>
2013.05.26 Sunday

Cine Malaysia2013(マレーシア映画祭)に行って来ました。

Cine Malaysia 映画祭
2013525日 Cine Malaysia映画祭 オーディトリウム渋谷

http://cinemalaysia.com

 

マレーシア映画の現在を紹介する映画祭のことを、マレーシア通の知人・三浦菜穂子さんが教えてくれた。ここ数年の長編、短編が集められているようで、楽しそうな映画祭だ。このCine Malaysia 2013はオーディトリウム渋谷で開催されてたので、25日(土)に出かけた。この日はマレーシアでお世話になった久貝京子さんが上映後にトークをするというので、2130〜の短篇集を観ることになった。渋谷「とりしょう」で服部君と軽くビールと「黒霧島ロック」を決めて、会場に向かった。僕らは2009年、10年、11年と3回マレーシアに行っているけれども、その時にはマレーシアのビデオ・アーティストとの関係が主だったので、現地で公開されている劇場映画は全く見ていなかった。マレーシアやインドネシア、フィリピンで開催されているインディーズ映像祭の作品は見せてもらっていたので、短編は随分と見ていた。偶然にも、この日の2130〜のプログラムは短編3作品だった。

会場について、少し時間があったので、1階のカフェでコーヒーを飲もうと思ったら、久貝さんが忙しそうにご飯を食べていた。打ち合わせも兼ねての様子だったので、その場は挨拶だけだったけど、元気そうな笑顔だった。久貝さんにはマレーシア滞在中にずっと同行していただいて、本当にお世話になった。思い出せば、幾つもの珍事が蘇ってくる。楽しかった。

上映後にご挨拶をして、記念撮影。帰りは月曜日ということなので、今回はこの時の再会でお別れですね。次はゆっくりと出来るといいですね。

久貝さんが「くだらないいんですけど、、、」と言うので、何かまた、珍事かと思ったら、マレーシアのインスタントラーメンを頂いた。写真がいかにも辛そうだけど、マレーシアのこういう麺料理はとても馴染みやすかった。現地にはいろんな麺料理があって、ラーメンのようなものや、焼きそばのようなもの、味も麺の種類もたくさんあるんです。ありがとう、久貝さん。明日のお昼にいただきます。またお会いしましょう。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013.05.26 Sunday 16:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM