<< 愚か者ほど出世するのだろうか? | main | モーション・フュージョン・リフレクション ー現代映像のとある視点ー >>
2011.07.24 Sunday

原発事故を写す鏡「水俣」

 福島原発事故から原田正純さんの著書、編著を読み返している。『水俣学講義』は4集まで持っていて、2集以降は講義のタイトルを見て拾い読みしていた。読み返してみて、あらためて原発事故を写す鏡としての「水俣」を考えてしまう。

 第2集の25頁〜「過去を置き去りにしない」という原田さんの項で以下のような記述があった。「いま、(2005年当時)環境再生という言葉は全国的に流行っています。「環境」を頭につけた研究者は6000人くらいいるそうです。岐阜大学の学長の宮本憲一さんによると、環境関連の事業は、全国で20億円くらいの規模で展開しているそうです。(中略)それなのにそれなのになぜ環境は良くならないのだろうか〜」この前段には「熊大医学部で水俣病の医学論文で博士号をとった人は100人くらいいます。(中略)たくさんの研究者が水俣病のことを研究したのですけれども、それを現地に、あるいは被害者にどう返していったか。」と記されている。水俣がなぜ50年以上たっても解決していないのかは、こうした研究者の責任も大きい。もちろん、研究者だけの問題ではないから、解決が遅れたという言い分もあるだろう。水俣では家族・集落という最小の地域と、政治と経済を含めた国の問題が様々な形で現れ立ちはだかった。そうした困難は沖縄とも似ているかもしれない。しかし、医学が弱者・被害者救済という立場では機能せず、もっぱら「どこまでを水俣病と認めるか」といった政治的解決のための基準作りの手段として機能したとき、既に純粋な医学としての使命を失った。おそらく環境の研究者も然りであろう。

 今後福島で起こることは、間違い無く救済差別である。水俣病患者が苦しんだのは、チッソや行政の対応だけではなかった。「チッソよりも隣人が怖かった」と述懐する患者の言葉に、地域コミュニティーが崩壊した真実がある。補償金をもらった人、そうでない人、その金額の差、あるいは今後現れるであろう、放射能による健康被害とその因果関係、医療保障、地域を引き裂く妬みや嫉みが必ず引き起こるし、既に義援金の支給額でもめている。

 「水俣で起こったことを繰り返さない」とは環境に重大な影響を与える事故を起こさないということだけではない。現在、テレビや各種メディアに登場する原発推進派の学者・研究者たちを見ていると、6000人の意味がわかってくる。

 『水俣学講義』第2集 原田正純 編著

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011.07.27 Wednesday 13:43
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM