<< ふと東京近郊の農家を思った 『遠雷』 | main | 市民ビデオって面白い >>
2011.05.31 Tuesday

『無能の人』を売りに行った僕は、すごく「無能の人」だと思った。

 初めて「まんだらけ」に漫画を売った。地震のあと、ずっと床に平積みにしていた漫画を、元のように本棚の上に積み上げる気にはなれず、ちょうど金にも困っていていたので売ろうと思った。割と愛着の薄い本をbook offに宅急便で送ってみたら、2箱で2000円くらいだった。そんなモンなんだろうなとは思いつつも、ちょっと悔しい。やっぱり漫画は「まんだらけ」に売ったほうがいいだろうなと思って調べてみると、宅配買取というやり方もある。でも、いい機会なので、一度は中野の本山に行って買取の現場を見てみたいと思った。
どのくらいで買うのかわからなかったけれども、「まんだらけ」のHPでどんな漫画がどのくらいで売られているのか、買われているのかは検討がついた。とりあえず試しに、つげ義春、つげ忠男、花輪和一をスポーツバックに20冊ほど入れて持って行ってみた。
本当にいい経験だった。
中野ブロードウエイの3階に行くと、エスカレーターのすぐ横に買取コーナーがある。受付の女の人が、「買取ですか?」と元気よく訊いてくる。「漫画です」と答えると、「本21」と書いた番号札を渡された。ここには7つほどのレーンがあって、腰丈ほどの棚にレールがしいてある。そこに70センチ四方くらいの木の板を置いて、その板はレールの上を滑るようにしてある。各レーンには人が順番に並んでいた。スーパーのレジみたいだ。それぞれ、持ってきたものを板の上に積んでいく。僕の後ろには「超合金」のモデルをたくさん積んだ人がいたし、となりのレーンでは中年のお客がちょっとエロな漫画を積んでいた。
僕の番が来ると、30歳くらいの細身の青年が次々と漫画を見定めていく。バーコードの付いている本はそれを読み取ると、オートマチックに買取価格が出てくるようだ。古いものは書籍のコードを打ち込んでいく。しばらくするとその青年が、7750円になりますと告げた。その後モニターを見せてくれて、「これは100円、これとこれは200円です。、、、」。僕は少しがっかりしたけれども、買取というのはそんなモノなのだな、と思った。ここで売られている売値の4分の1から5分の1の値段だ。2000円と言われたものは、ここでは8000円くらいで売られるのだろう。
つげ義春の漫画にはずいぶんと思い入れがあった。学生のころとても衝撃を受けたし、その後も新しいものが出れば買い続けた。初めて見たつげ義春の漫画は、その頃の友人が『ガロ』の切り抜きをサランラップか何かで覆った『ねじ式』だった。僕にとっては漫画とアートと『限界芸術』と映像がつながった瞬間だった。つげ忠男は、そのつながりで買ってみて、これもまた独特の世界だと感心して、いくつか求めた。

『無能の人』は竹中直人が映画にした。僕は『石を売る』という一遍が好きだった。河原で石を集めて、その形が少し珍しかったり、極稀に珍品が見つかると高く売れる。主人公にはそんな「石売り」がとても魅力的に思われた。何しろ元手はかからず、拾ったものを並べているだけで売れる。そんな妄想が主人公に広がる。
もちろん、石売の世界はそれなりに厳しい。拾ったものがすぐに売れるような簡単なものではない。高値の付きそうな珍品を得ようとすれば、それなりに遠征もしなければならない。多摩川あたりで石を探しても、売れるものなどまずでない。

そんな、『石を売る」が好きだった。まさに「無能の人」が考えそうなことだな、と思った。
そんな『無能の人』を売りに来た僕は、ものすごく無能の人間のような気がして、うっすら死にたくなった。





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM