<< 今年は秋に無礼講します! | main | 佐藤博昭共著「シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力」 >>
2009.09.01 Tuesday

無礼講2009 マレーシアスペシャル

「無礼講」を支援して下さる皆さんへ
あるいはその筋のかたへ

SVP2代表の佐藤博昭です。

今年も無礼講の季節がやってまいりました。
昨年は初冬で、今年は年越しが懸念されていましたが、どういう訳か秋に戻りました。激しいやる気が感じられます。
今回は無謀にも、国際的なイベントにしてしまいました。しかも、同時多発的です。
今年は、マレーシアから映像作家5名が来日し、作品上映と「マレーシア作家30分ずつ無礼講にする」が目玉です。
来年2月にはマレーシアで「マレーシア・日本ビデオ交流展」も開催する予定です。
来年に向けて参加しようという日本の作家作品も上映致します。
SVP2で5回目の無礼講、通算16回目です。5人しかメンバーがいないくせに、もの凄く国際的です。

下記が概要です。
内容の変更などある場合は、SVP2のHPまたはブログで更新致します。

SVP2 HP:http://svp2.com blog:http://blog.svp2.com

今年も、ビデオアートを熱く語りましょう。
どうぞよろしくお願い致します。

「無礼講2009 マレーシアスペシャル」
〜地球温暖化が怖くてマレーシア人を呼べるか!〜

10月2日(金)3日(土)

場所:六本木ストライプスペース
〒106-0032 東京都港区六本木5-10-33ストライプハウスビル
http://striped-house.com/stripe-space.html

10月2日(金)16:00〜
Aプロ 16:30〜18:00
Bプロ 18:00〜19:00
Sプロ 19:30〜21:00 (パーティー含む)

10月3日(土)13:00〜
Aプロ 13:00〜14:30
Cプロ 14:30〜15:30
Bプロ 15:30〜16:30
Pプロ 16:30〜19:00 アーティストプレゼンテーション(マレーシア作家5名各30分) 

Aプログラム:ドキュメンタリーの動向〜混在する文化と顕在する記憶〜(約90分)
Bプログラム:ビデオアートの動向〜潜在する表現と内在する思考〜(約60分)
Cプログラム:日本プログラム〜場所の記憶と映像の忘却〜(約60分)
Sプログラム:ライブパフォーマンス〜越境する風景と対峙する音像〜(30分)
Pプログラム:マレーシア作家による無礼講な30分×5

参加費:両日共に1日1000円 
*一部の方には違う料金設定をお伝えしてしまいました。こちらが正しい参加費です。

*金曜日のSプロ開催後にドリンクパーティーを行います。
ドリンクは会場で販売致します。自己負担をお願いします。3日も販売します。
東京明太子倶楽部提供の明太子おにぎりがでてくるかも知れなせん。お楽しみに。

関連企画
板橋区熱帯環境植物館「開館15周年記念 マレーシア展」映像上映
福岡アジア美術館 福岡アジア美術トリエンナーレ共催企画
「無礼講2009 マレーシアスペシャル in 福岡」
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM