<< 無礼講、まずは2日間終了しました。 | main | 無礼講2006秋!無事終了しました。 >>
2006.10.22 Sunday

いよいよ今度の土曜日です

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
いよいよ10月28日土曜日は「無礼講にします!2006秋」の最終日です。
最終日の最後のプログラムは無礼講名物?飛び入り新作上映もあり、とお知らせしていましたが、どうやらラインナップが決まりました。
以下がリストです。
注目はなんと言っても佐藤博昭が2ヶ月連続で新作を発表するという暴挙に出たことです。かわなかのぶひろさんじゃあるまいし、そんなことが出来るのかという懸念を一蹴するかのような力作が出来ています!?
因みに方々でお配りした佐藤の作品時間は「嘘」でした。
方舟〜父は緑に包まれた Ark under canopy of Green 06年 15分 佐藤博昭
は実は20分。
方舟〜幾つもの赤い旗のもとに Ark under the Red flags 06年 15分 佐藤博昭
は実は35分です。嘘にもほどがありますが、本人はようやく完成して悦に入っています。
9月に機材トラブルで上映できなかった作品も含め、奥野邦利、重松佑の2作品が加わっています。当日は若干、予定よりも遅くに終了しますが、1回目の無礼講で4時間近くディスカッションをしたという経験がある僕らは意外と平気です。
皆様どうぞよろしくお願いします。
19時くらいには終わりますから。なお最後のプログラムの上映順は当日まで未定です。

無礼講にする! 2006上映作品リスト
■ 10.28(土)
<ビデオジャーナリズムは何故面白いのか> 13:30〜14:30
TRABA JANDO CON LA MUERTE死体と仕事 19分38秒 Miguel Olid(スペイン)
Dialogue in palestine 05年 20分 遠藤大輔 
ワンちゃんの味方 05年 18分59秒 鵜名山道雄


<それはいつも世界と繋がっている> 15:00〜16:00
The Festival Signes de Nuitセレクション
http://www.signesdenuit.com/voyage/06_10_Tokyo.html

(英語字幕付き/同時通訳で上映)

1982 Aleksander Duraj 03年 9分(ポーランド)
Artemis  01年 13分  Val?rie Morignat (フランス)
Kshra Tra Ghya Amit Dutta 04年 22分(インド)
Down Nikias Chyssos /Frank Brandstetter 03年 5分(ドイツ)
Number Twee Guido van der Werve 03年 4分(オランダ)
On a Wednesday Night in Tokyo Jan Verbeek 04年 5分30秒(ドイツ)
World Gone Wrong Alex Sinde 03年 10分(フランス)
The Sex of a Self Hatred Solomon Nagler 04年 9分(カナダ)
Film (dzama) Deco Dawson 00年 23分(カナダ)

*The Festival Signes de Nuit (Pairs)
http://www.signesdenuit.com/
毎年6月に開催されるフランスの国際短編映画祭。次回開催は2007年6月13〜16日で、作品応募の締切は2007年 2月末。
今回のプログラムは、同映画祭ディレクターDieter Wieczorek氏のセレクションによる。


<2006新作集> 16:30〜18:30
Negai wo hiku 06年 4分35秒 中沢あき
OSMOTIC 06年 3分 Jan Verbeek
Kaizer 06年 10分19秒 田中廣太郎
方舟〜父は緑に包まれた Ark under canopy of Green 06年 20分 佐藤博昭
方舟〜幾つもの赤い旗のもとに Ark under the Red flags 06年 35分 佐藤博昭
Calendar Poems 05年 16分22秒 Sheila Churcher & Nelson Diplexcito(イギリス)
森のあった場所 奥野邦利 2006 14分
Breath/息吹 重松佑 2006 12分
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM