<< 訂正 | main | いよいよ今度の土曜日です >>
2006.10.01 Sunday

無礼講、まずは2日間終了しました。

「無礼講にする!2006 秋」は初日、二日目と無事終了しました。18:00の時点ではお客さんの出足も悪くどうなることかと思いましたが、熱心な方々が集まり、最後には20人以上のいい交流が出来ました。この日は大竹正悟君、岸本真太郎さん、滝田浩子さん、星崎久美子さんら作者も駆けつけてくれて、作品についてお話ししてくれました。二日目はなかなかの盛況で活気のある「場」になったと思います。作者の山本麻美さん、加藤香奈恵さん、三宅伸行さん、橋本敏和さん、ありがとうございました。毎回のことですが上映謝礼も出来ませんが、皆さん自作の上映に立ち会ってくれます。そうした作者の熱意と熱心なお客さんに支えられて、ここまで来ました。上映に賛同してくれたフィリピンのタヒミックさん、イギリスのシェイラとネルソンの二人にも感謝しています。ただ、シェイラの「Calender Poems」は機器のトラブルで上映できませんでした。10月に字幕を入れて再上映いたします。本人にも謝らなければ。

さて、10月28日(土)は最終日です。1年ぶりに帰国する中沢あきが、上映プログラムを携えてやってきます。中沢さん!DVD-Palはやっぱり要注意!事前に確認しましょう。
中沢プログラムの他にもビデオジャーナリズムやメンバーの新作もいっぱいです。
では、皆さんまた「無礼講」でお会いしましょう。
ありがとうございました。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM