<< 佐藤がとうとう狂ったという噂 | main | 市民ビデオの伝道師みたいです >>
2006.07.25 Tuesday

TVF Cafeも始まりました

 7月22日(土)にTVF Cafeの1回目がおこなわれました。
以前にお知らせしたTVF Night Viewと連動する形で開催しました。TVF Cafeの目的は大きく分けて3つです。
1、これまでの東京ビデオフェスティバル入賞作の膨大なアーカイブを、各回のテーマで縦断し、時代と表現との関係をビデオ表現を通じて概観する。
2、入賞者や様々な活動団体、教員や映像研究者など、様々な水準で映像にかかわる方に集まってもらい、交流の場とする。
3、今後の映像制作または映像教育の展開のための学習の場としていく。
 1回目のテーマは「個の内面を描く」とし、2つのキーワード「複数の私」「私と私を巡る関係」を提示して、作品を見ていきました。作者の大木千恵子さんや佐藤均さん、川島功敬さんも来場し、第2部の交流会では映像制作について様々な質問があり、楽しい時間を過ごすことが出来ました。参加者の中には「自分を描いた若い人の作品は正直なところ分からないし、面白いと思われない」という正直な意見が聞かれました。そこを埋めていくことも、TVF Cafeも目的です。
 次回のCafeは8月26日(土)、Night Viewは7月28日(金)に開催されます。
 9月30日(土)、10月28(土)のCafeはSVP2との共催です。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM