<< 山田太一のドラマ | main | アート&テクノロジーの過去と未来 >>
2005.12.07 Wednesday

アフガニスタン映画祭について お詫びと訂正

アフガニスタン映画祭についての記述に対して、この映画祭の主催者クロスアーツの方からご指摘を受けました。お詫びして訂正いたします。
ご指摘いただいたのは「アフガニスタン版ニューシネマパラダイス」という紹介について、僕が「違和感を感じた」という箇所で、その紹介文を書いた方からの指摘です。僕はその後の文章で、映画自体がニューシネマパラダイスのような意図を持って描かれているような書き方をしています。これは映画の作者に聞いたわけではなく、紹介文に導かれて、僕が勝手に感じたことでした。確かに誤解を与えるように記述しています。このことをお詫びします。また、僕の文章は、今回のアフガニスタン映画祭のあり方や、主催者を批判するためのものでは決してありません。映画に描かれた状況と作者の意識を問題にしたかった、という点を重ねて強調しておきます。ブログという発表の形態は、自分のノートを公開しているような感覚で、気楽にできるのですが、不特定の対象に公開している以上、不用意な言葉遣いには気をつけなければなりませんね。反省しています。しかし、ここまでに、主催者の方とは何度かのメイルをやりとりし、ご指摘いただいたことについては、すでに理解して頂いているものと思っています。僕の文章の本意もお伝えしたつもりです。このやりとり自体が大変意義のあるものだったのですが、私信でありここに掲載するべきことなのかどうかは解りません。こうしたやりとりがあったことも責任を持ってまとめられればいいのですが。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM