<< アワーミュージック | main | 人と人が巡り会う場所-山形国際ドキュメンタリー映画祭2005 >>
2005.10.07 Friday

戦後60年 日本短編映画のたどった道

さて立て続けにお知らせです。
現在下北沢トリウッドにて開催中の、『戦後60年 日本短編映画のたどった道』、
山形へは行きたいけれども諸事情にて行けない!
という方には、こんなイベントもよろしいかと。
http://homepage1.nifty.com/tollywood/


個人的には「地底の凱歌」がお勧め。
戦後の日本の飛躍的な近代化は驚異だけれども、一方でその裏側に在る
自然と対立する文明の凄まじさ、人間の欲望の恐ろしさも感じます。
これを見て、人間はすごい、と思うか、それとも人間はアホだと思うか。
複雑な気持ちで考えさせられてしまう作品。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM