<< 山形国際ドキュメンタリー映画祭開催! | main | 戦後60年 日本短編映画のたどった道 >>
2005.10.07 Friday

アワーミュージック

ゴダールの「アワーミュージック」、雑誌のコメントなどを読んで気になっているところへ、
宣伝担当の知り合いからのお知らせ。
以下、許可を得ましたので引用させていただきます。
私も「赤いハーモニカ」欲しい!
それにしてもシンプルかつ、美しいひびきのタイトルだなと、ふと思いました。

-----------------------
3年ぶりとなるゴダールの新作は、内戦後のサラエヴォを舞台に、争いの絶えない世界に対して”和解への希望”のメッセージに溢れた映画です。イスラエル・パレスチナ問題を軸に民族紛争の根源を見つめる映画ですが、さすがゴダール、美しい映像と巧みな音構築、そして主人公の女学生やサラエヴォの活気など迸るエネルギーで観る者に希望やこの世界について考えずにはいられなくさせるのです。
今回公式ホームページでも、青山真治さん、阿部和重さん、菊地成孔さんたちによる対談を連載していますので、是非読んでみてください。
www.godard.jp

10月15日の初日には、来場者の方に「特製赤いハーモニカ」もプレゼントしちゃいます。是非劇場に遊びに来てください。
上映時間:11:05/12:50/2:50/4/55/6:55

そして、10月15日(土)21時からは、麻布十番のWAREHOUSEにて、公開記念パーティをオールナイトで開催します。ここには、黒沢清監督とサエキけんぞうさんが登場します。是非是非お見逃しなく!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
アワー ミュージック/NOTRE MUSIQUE
「約束の地サラエヴォ ひとりの少女が ゴダールと出会う 許し合うこと 悲しみのすべてを知るこの土地で 少女はゴダールに夢を託し 旅立った  ? 少女は天国にいる」 アワーミュージックです。 ゴダールの新作が10月から公開されますね。(関西では10/29〜
  • アンチハリウッド!な映画部ブログ
  • 2005/10/10 9:20 PM
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
翻訳ツール
Facebook svp2ページ 更新情報
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで
戦うビデオカメラ―アクティビズムから映像教育まで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭
佐藤博昭、渾身の一冊です。個人映像の展開へのヒントになれば…。
Recommend
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力
シリーズ 日本のドキュメンタリー (全5巻) 第1回 第1巻 ドキュメンタリーの魅力 (JUGEMレビュー »)
佐藤 忠男,吉岡 忍,森 まゆみ,池内 了,堀田 泰寛,小泉 修吉,矢野 和之,佐藤 博昭
Recommend
Recommend
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5)
映画は世界を記録する ドキュメンタリー再考(日本映画史叢書 5) (JUGEMレビュー »)

佐藤博昭が「ビデオ・ジャーナリズムの現在」の項を担当しています。
Recommend
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで
スーパー・アヴァンギャルド映像術―個人映画からメディア・アートまで (JUGEMレビュー »)
佐藤 博昭, 西村 智弘, 「Cine Lesson」編集部
SVP2を主催する佐藤博昭の共著本。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM